メンタルカウンセリングオフィス風Kaze

あなたの気持ちとともに歩む

あなたは、今のままでは、『ヤバい!』

あなたは、そのままでは『ヤバい!』
       

なにが?
と、
あなたは、思われたでしょう。


「説明します」


あなたは、
お金の話は苦手では無いですか。
私は、苦手でした。
日本人は「お金の話」が苦手です

外国の人は、平気ですよ。
「欧米かよ!」
そんな、ちょっと古い
突っ込みが来そうです。


「お金を稼ぐこと」⇨「恥ずかしいこと」

あなたは、こんな意識を
どこかに持っていませんか?
私は、ずっとありました。

「お金に汚い」=
     意味
    「ひたすら自分の利益を追求するさま」

類似語は、またひどい。
自分で調べて見てください。

「お金」=「悪の代表」
です。


「お金の話をするのは汚い」
と言われて、
日本の子どもは
育ってきています。


あなたもそんな意識は、
ありませんか?
私は、あります。
だから、お金の話は苦手でした。

貸したお金も請求できない私。



アメリカの富裕層の
ジム・ロジャーズ氏は、

5人兄弟の長男として
弟たちの面倒をみる傍ら、
5歳にしてピーナツ売りの
アルバイトを始めていたそうです。

そんなロジャーズ氏は娘の教育でも、

「お金が欲しければ、
 仕事か何かをしてお金を得るように
 教育している」

のだそうです。

ロジャース氏の長女が14歳の頃、
彼は彼女に 

「外に出て仕事を見つけてきなさい」
と言ったそうです。

それまでは家の手伝いをすると
小遣いをあげていたが、
そろそろ外で働く経験を
してもらいたかったからだそうです。

ロジャース氏は、
娘がマクドナルドで
時給8ドルのパートタイムの
仕事を探してくるだろう
と思っていました。

ところが

なんと中国語を教える
時給25ドルの仕事を
見つけてきたと語っています。




イギリスの学校教育も
お金の教育に力を入れています。

小学校低学年から
「知識と理解」では貨幣の
性格、機能、使用方法など
基本的な知識の理解の学習。


「金融スキルと能力」で
日々の家計管理や
将来設計のスキルを身に付ける。

これによって、日常生活のさまざまな場面で
適切な行動ができるようにすることを目指す。


最後の「金融責任」において、


【ここからが大事ですよ!!!!】⬅️私


お金に関する個人の決定が 
個人だけにとどまらない。

家族やコミュニティなどにも
影響を及ぼす可能性がある。

個人の社会的責任を
自覚させる。

こうです。


日本人とは、お金関する意識が
かなり違います。


あなたがビジネスに取り組むには、
理由が大切です。


あなたが、もし、家族や友達に
「なぜビジネスをやるのか?」
理由を問われたらどう答えますか。


「家族に裕福な生活をさせたい。」
「子どもに十分な生活をさせたい。」
「自由な時間を手に入れて、
 みんなと楽しく過ごしたい。」
 など、

あなたは、
こんな予測される答えをするでしょう。



私が「ビジネスを始めた理由」を話します。
二つあります。

ひとつ目は、
これからの10年後、20年後の生活が
このままでは
「ヤバい!」
と思ったからです。

今の時代、年金には、期待できません。
2000万円問題などありましたが、
私は、そんなもんでは
足りないと思っています。


私の生活は、
本当にこのままでは、

「ヤバい!」

この表現が
ズバリ当てはまりました。


二つ目に、
お金に縛られること無く
自由になって、
旅行に行ったり、
食事に行ったり
大好きな車に乗ったり、
趣味に時間を使ったり
したいからです。


これが私の
ビジネスをする
原動力です。


私が、お金に縛られること無く
自由になれば、間違いなく
家族も豊かに生活できるでしょう。


そうでしょう?


自分が豊かで無ければ、
家族や他を豊かに
できるはずがありません。


あなたも、そう思いませんか?


では、

あなたの
これからの将来、
5年後、10年後、20年後、
もっと先の人生は、
このままでいいのですか?

時間は戻っては来ません。

私は、繰り返しますが、
このままでは、恐ろしかった。
毎日、この先
どうしようか考えていましたよ。


私だけではありません。
周りの人も、
聞きはしませんが、 

働き方や様子を
見ていたら分かります。

大変ですよ。


不安をいっぱい抱えて
安い給料で働いています。


あなたは、ハローワークに、
行ったことがありますか?

私は、あります。
田舎ですが、
たくさんの人が職探しに来ていました。
もうすこし町だと、
職探しに来ている人で
あふれていると聞きました。

時給も800円程度でしょうか。
これでは、
子育てや家庭生活は、
できませんね。


「私は、何とかしようと思いました。」


ノートパソコンは、買いましたけど、
できる限り経費削減です。



今、あなた、何に時間を使っていますか?

時間は平等、一日は24時間しかありません。
その中で、本業があるとしたら、どうです?

更に、将来を楽にするため
ビジネスをやっていくとしたら、
どんな時間の使い方をしますか?


今の生活を続けていくのに
不安があるなら。

「副業」という言葉は、
私は、好きではありません。
気合いが入らない。
最初から失敗する可能性が
大きい。
実際に、されてる方の
95%は失敗しています。


W本業をやるとしたら
あなたの時間は、
飲みに行ったり、
たくさんの睡眠を取ったり
テレビを観てゆっくりしたり、
休みは、遊びに行ったり、
そんな時間はありません。


あなたは、自分の私利私欲を
満たすために、
行動してはどうですか?


「最初に、
 私たちが苦手な話
 お金の話をしました。」


もし、あなたが
これからの将来、
このままでは、

「ヤバい!」と

思うのであれば、


自分を豊かにする必要があります。


本の学校でも「金銭教育」
という教育はあります。
これからは、子どもたちの
意識も変わっていくことでしょう。


「お金は汚いもの」
という古い価値観を捨てて、

令和という新たな時代に
あなたがお金と向き合い、

お金と健全な関係を
築けるようにしていきたいですね。


私もやっています。
あなたも
一緒にやりましょう。


では、


あなたも、トライしてみませんか!






to be continued



いつも、あなたに感謝しています。f:id:officekaze:20210610190356j:image